カラダノコト

夏に恋しいアイスは、種類とタイミングを選ぼう

暑い夏、食べたくなるのがアイスクリーム。
アイス売り場に行くと色々なアイスが並び、目移りしちゃいますよね。
乳脂肪や砂糖が多くて太りやすいイメージのアイスですが、種類と食べるタイミングを選べば大丈夫♪

■ラベルを見てみよう
アイスクリームのパッケージラベルを見ると、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓に分けられています。

アイスクリーム:乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上。ミルクの風味が豊か。牛乳が原料なので、体力が落ちているときのたんぱく質やカロリーの補給におすすめ。ハーゲンダッツ、牧場しぼりなど。

アイスミルク:乳固形分10.0%以上、乳脂肪分3.0%以上。ジェラートは、アイスミルクにあたります。乳脂肪分が少ない代わりに植物性油脂が使われることが多い。雪見だいふくなど。

ラクトアイス:乳固形分3.0%以上、乳脂肪分は含まない。植物性油脂が多く、カロリーが高いものが多い。ロッテ爽、明治エッセルスーパーカップなど。

氷菓(その他):アイスキャンディーやシャーベットなど、果汁などを凍らせて作る冷菓子全般。ガリガリ君、井村屋あずきバーなど。

乳成分の多い方から、アイスクリーム>アイスミルク>ラクトアイス>氷菓ですが、カロリーは、ラクトアイス>アイスミルク・アイスクリーム>氷菓です。

■食べるタイミングを選ぼう
体温が高く、エネルギー代謝のいい時間帯である、15時から17時のおやつタイムがおすすめ。逆に、空腹時や寝る前、インフルエンザや風邪で熱がある時などは控えましょう。

最後に、アイスを食べた後は、冷えた胃腸を温かい飲み物で冷え性対策をお忘れなく。

体温アップにマカ

マカに多く含まれる“アルギニン”。
アルギニンには、筋肉をつけたり脂肪の代謝を促進する働きがあり、身体の中でエネルギーを燃やして体温を上げてくれます。
ダイエットサプリにも多く含まれる成分なので、この夏のスタイル維持にもおすすめです。

必須アミノ酸がたっぷり入った、夏バテしらずのマカ

女性だからこそ必要な備えがあります。
ウーマンコムが一生涯サポート!


ID Pass 
次回から自動ログイン