基礎体温

子宮編

学生の頃からずっと生理痛が酷く、鎮痛剤やホッカイロなど毎回対策が必要でした。社会人になってからはストレスや加齢からか出血量が増え、鎮痛剤が効かない時も、毎回辛くて…。這って会社に行く日も増えました。
35歳になり、婦人科検診を会社で受けれると言われ、せっかくだからと検査に行きました。そこで子宮内膜症だと診断されました。

通院を始めて医師から説明を受けましたが、頭が真っ白で説明が耳に入ってきません。完治は難しく、ピル治療と内膜を小さくする薬、黄体ホルモンを投与する投薬治療を受けることに。お尻に注射をするのがとても痛くて辛いです。投薬した翌日は筋肉痛のような痛みが苦痛でした。

子宮内膜症は未だ原因不明で、日本の現代医療では完治は難しいと知った時はショックでした。一番辛かったのは子宮内膜症が不妊の原因になることです。

もし私に不妊の可能性があると言ったら、彼から別れを告げられるのではと怖くなり、相談できません。ずっと治療を継続していなければならない金銭名や精神面の負担も考えたら、より一層気が沈みました。

子宮内膜症ってどんな病気なの?

子宮内膜症は女性特有の病気。本来は子宮の中にしかない子宮内膜の組織が、卵巣や卵管などの子宮以外の場所にできてしまう病気です。正常に生殖機能が働いている女性の約10%、20~30代の女性が発症しやすく、発生場所は様々です。

ネットで情報を集めると、子宮内膜症は割とポピュラーな疾患で、苦しんでるのは私だけじゃないと分かりました。子宮内膜症は長く付き合わなければならない病気なので、欝々とはしていられません!

今は基礎体温を測りながら、自分に起きたことを受け入れて、うまく付き合っています。基礎体温をつけることで、体調が悪い時期がもうすぐ来ることが事前にわかるので無理をせずにすむようになり、気持ちも楽になりました。


10代の頃から毎月周期通りに生理がきて、生理痛もそんなに酷くありません。「生理中は鎮痛剤を飲んで横になってないと辛い」なんていう友人の話を聞いてもピンときませんでした。
そんな私が急に生理痛が酷くなり、貧血で目眩がして、「もしかして更年期?!」と最初はそう思いました。生理中何日も出血量が多く、なかなか終わらないのでこれはおかしいと思って病院に行くと、子宮筋腫、正確には粘膜下筋腫と診断されました。

診断を受けた時はものすごくショックでした。やっぱりという気持ちと「治るの?子供は産めないの?」という気持ちが渦巻いて落ち込み、不安に。もっと早く病院に行っておけばと、悔やんで…辛かったです。

子供を欲しいなら低用量ピルか、手術するかをすすめられましたが、子宮筋腫がどんな病気か知らず、ピンときません。
筋腫自体を取り除く必要はなかったので、貧血を改善するため増血剤を飲むことになっていたのですが、その薬が合ってなかったらしく、何度薬を変えてもすぐに吐いてしまい、とても苦痛でした。

子宮筋腫は明確な治療の基準がなく、主に自覚症状の辛さで治療を行うか決めるとのこと。それを聞いた時にはなんだかやるせない気分になり、イライラしました。

このままではだめだと感じ、基礎体温をつけ始めましたが、始めは見本のグラフのようにはなりません。そこで治療と並行し、体質改善にウーマンコムのマカを飲んだり、血行を良くし、冷えを取るために半身浴、ウォーキングを再開したり。

ウォーキングにはたまに主人も付き合ってくれて、2人で色々話しながら歩けるのが新鮮で、「子宮筋腫は嫌だけれど、発症していなければ主人とのこんな時間もなかっただろうな」と思うと、明日も明るく頑張ろうと思えるようになりました。


私の場合は全く自覚症状がなく、痛みや出血なども一切なかったので、まさか子宮筋腫になっているとは思いもしませんでした。私の場合は出血しないタイプなのかもしれません。気分が悪くなったりしたこともありませんし、痛みなどもこれといってなかったのです。

薬で閉経状態にする偽閉経法治療を行いました。毎日鼻の点鼻薬と4週間に一度注射治療です。治療中は筋腫も小さくなりますが、治療を止めると元に戻るし妊娠もできないので、この治療は半年でやめました。更年期障害の時のような体が火照る症状も辛かったですね。

ただ生理が重いだけだと思っていたので、子宮筋腫が見つかりショックでした。子宮筋腫があると妊娠しにくいと説明を受けましたが、受け止められませんでした。
しばらく落ち込み、でも冷静に考えてみればきちんと原因がわかってよかったのかなとも思いました。これから結婚をして妊娠もしたい。きちんと治療をすれば妊娠できるので、これから子宮筋腫と付き合っていこうと考えした。

ウーマンコムは基礎体温だけでなく日記もつけられるし、気分や体調なども記入できて便利。このサイトでなければ続けられないかもしれません。


ずっと辛い生理痛と膀胱炎のような症状に悩まされていました。膀胱に異常があると思い泌尿器科を受診しましたが、尿から細菌は検出されず医師から原因不明と言われ、悩む日々を過ごしました。
あるときカンジタ症になってしまい、かかりつけの婦人科を訪れました。ついでに膀胱炎のような症状があること、原因がわからないことを医師に相談、促されるまま内診をし、血液検査をした結果、膀胱子宮内膜症と診断されました。

入院するためにいろいろな苦労はありました。子供が小さかったため、誰に預けるかが課題となりました。退院してから子供を連れての通院は嫌だったので、大変でした。なんとか実家の親に来てもらい、預けることができました。

毎月の生理が憂鬱なうえ、更に筋腫を放っておくと大きくなり、いろんな悪影響が出るので、不安な気持ちが大きかったです。とにかく筋腫が大きくならないように、出来る限り意識しなければと思いました。

体質改善の効果もあって、生理痛もそこまで酷くはありませんし、貧血も健康診断でかからなくなりました。検針には定期的に通い、筋腫ができないように気をつけています。面白いことに運動嫌いだった私が、毎日ジョギングをしています。
そして38歳の現在、妊娠しています。本当に信じられないですがとても嬉しいです。同じ悩みを持つ方にも、諦めないでほしいと思います。