基礎体温

生理編

昔から生理不順に悩んでいました。40~50日周期の時もあれば20日程で生理が訪れる時もあります。生理が来たらきたで、初めの2日間ぐらいは出血量が多く外出もままならないほどです。いつ生理が訪れるか全くわからず、常に鞄の中には生理用品を入れておかなければいけません。
旅行などの予定を立てるのもままならず、せっかくの温泉旅行と生理日が重なってしまうことも…。

すぐにドラッグストアで基礎体温計を購入することにしました。最近のものは測った体温をすぐにメモしなくても体温計自体が記憶してくれるようで便利です。しかし、様々な機能が付きすぎていて私には使いこなせませんでした。
思うように動いてくれない機能たくさんの基礎体温計にイライラ。私には基礎体温が測れるだけのシンプルな体温計が良かったようです。

喧嘩をすると、最初は夫に対して怒っているんですが、だんだんと喧嘩の根本的な原因を作ったのは私で、自分の思い通りに動いてくれない夫にイラついているだけだと思うと自己嫌悪で苦しくてたまりませんでした。どうにかしたいのにできないという苦しさでたまらなくなっていたんです。

ウーマンコムのマカと基礎体温表サービスのことを知って、スマホでも使えるから毎日続けられそうだなと思いました。今使っている体温計は前日までの体温しか残しておけないので、記録するのを忘れて、もういいやとやめていました。
だからベッドの中で体温を測ってそのまま記録できるウーマンコムはとても便利で、順調に続けています。


学生の時はなんともなかったのに、20代を超えたあたりから生理前になると心とカラダにいろいろな不調がでるPMSになってしまいました。
生理の10日ぐらい前から情緒不安定、分けもわからずイライラなどの心の不調と同時に頭痛、動機、激しい眠気などの症状が出るように。PMSの症状は年々酷くなってきて、どうすればよいのかわかりません。

ストレスや食生活のバランスが悪いと良くないという情報を聞いたので、出来るだけバランスの良い食事を摂るようにしたり、自分なりのストレス発散をしてみたりもしましたが、症状はあまり改善しませんでした。

もともと少し神経質な性格であることも良くなかったのかもしれませんが、改善するためにやったことも効果がないし、余計にイライラしたり悲しい気持ちになったりしました…。

PMSは月経前症候群という心と体の不調

PMSは生理が始まる約2週間前から起こる、心と体のさまざまな不調のことで、生理が始まると自然に消えたり、軽くなるのが特徴です。 基礎体温をつけていると生理前の時期が分かるので、PMSの時期を予測して対策がとりやすくなります。

薦められてウーマンコムをはじめて続けるうちに、今後も前向きに基礎体温をつけて、諦めずに頑張る力が湧きました!

印刷して病院へ!ウーマンコム基礎体温表

ウーマンコムの基礎体温表は印刷して、そのまま病院に提出できます。表に記録していくよりも簡単で、病院の先生からも記録の推移が見やすくて助かると、お言葉をいただいています。

こんな生活もう続けたくない…半分以上諦めの気持ちで婦人科へ。そこで主治医の先生に基礎体温を測ることと、体に良いサプリを摂ってみることをすすめられました。私はウーマンコムで基礎体温を記録しながら、ミックスサプリを摂ってみることにしました。
PMS症状を完全になくすことは難しいですが、基礎体温を記録していくことによって症状があらわれる時期がわかると、不安でイライラした気持ちも少し落ち着きますよ。
また、黄体期にリラックスできることを見つけてストレス解消や、ビタミン・ミネラルを食事やサプリから摂取することもおススメ。

実際に基礎体温を測り自分の排卵日などを知ることで、もうすぐ生理が来るかもということが自然に分かるように。
今まで生理不順でなかなか生理が来ないこともかなりのストレスになっていて、さらに生理が遅れるという悪循環に陥っていたようですが、前もって何となくわかるだけでストレスはかなり減るものです。今では生理もおおよそ28日周期でおとずれます。


生理不順で悩んでいたころ、不正出血が起きました。会社を休んで婦人科の診察を受けに行きました。その時、先生から基礎体温を計ってグラフににしたものがあれば、もっと詳しく診ることが出来るから、次回診察に来る場合は、3か月分の基礎体温をグラフにしたものを持ってくるようにと、アドバイスを受けました。

生活習慣を整えれば気持ちが落ち着いて、不順も出血もなくなってくると思い、毎日少しでも運動をして、早めに起きて朝日を浴びて、夜も0時までには眠りました。

でも、そんなことはまったく気にしていない夫のせいで眠るのが遅くなってしまったり、休日の度に外食好きの彼に合わせて外でカロリーの高いものを食べることが多く、その度に理解のない夫にイライラしてしまい、些細なことが原因で喧嘩に発展してしまっていました。そうするとさらに情緒不安定になってしまっていたんですよね。

もうこのままではもっと体調が悪化してしまうと感じ、主人と喧嘩をした後、仲直りと、これからは自分にできる自分の体のためのことをもっとしていくと心に誓いました。先生に勧められた基礎体温も、この時を機にウーマンコムでしっかり記録するように。

基礎体温記録は今ではすっかり慣れて毎日の習慣です。婦人科にはまだ行っていませんが、不正出血の症状が悪化したら、基礎体温グラフを印刷して先生に見てもらうつもり。

基礎体温なんて何の役に立つのか分からないと、思っていましたが、活用方法を理解することで、生理などによる気分の浮き沈みや腹痛などに対して、 落ち着いて対処することが出来るようになりました。


生理不順で悩んでいました。体調がとても悪く、冷えや肌荒れ、生理不順など酷かったです。特に子供を二人産んだ後の体調は最悪で、冬になると外出するのもままりませんでした。
もっと子供達を色んなところに連れて行ってやりたいとは思っても、自分の体調が悪いのでそうもいかず、歯がゆい思いでいっぱいでした。

家族も心配してくれて、漢方薬などを飲むようにしたのですが、一向に改善されることがなかったです。友達にも同じような症状の人が多く、どういう対策を行っているのかを聞いて試みてみたのですが、私には効果がなかったです。やはり、人それぞれ自分にピッタリ合った対策というのがあるんだなと実感しました。

何をやってもうまくいかなかったので、とてもイライラして子供たちに当たってしまうこともありました。そんなことばかりの毎日だったので、子供達も私から遠ざかり、家族関係も悪化する一方。 夫も私がイラつくので一緒にいたくなかったのでしょう、帰りがどんどん遅くなっていきました。

私は基礎体温を測り始めました。そして続けてみると、この体温だとこういうことに気を付けようとか、そろそろ生理がくるからこうしようとか、だんだん分かるようになっていったのです。
そうすると、どんどん自分の体調が把握できるようになり、体調が悪くなりそうな日には無理しないようにスケジュールを立てたりできました。

おかげで家族にイライラして八つ当たりすることもなくなり、家族関係も元通り良好になりました。もし基礎体温を測っていなかったら、前のように家族はバラバラだったでしょう。私がいつも機嫌がいいので、家族皆とても嬉しそうです。