基礎体温

更年期編

無理なダイエットを若いころから続けていたために、更年期の症状も早くから起こってしまいました。
異常なくらいの肩こりと、外出した時に起こる偏頭痛、さらに不眠。偏頭痛は、鎮痛剤を飲んである程度緩和しましたが、肩こりは五十肩になりさらに悪化し、不眠はだんだん酷くなりました。家族にも心配をかけてしまうので、そういった部分でも辛いです。

自分の身体が振り回されることのないように、薬を飲んだり、心を落ち着けたりして過ごしていました。ですが不眠の症状が悪化し、以前は一日だけ眠れないことが、二日間まで差し掛かるように。もう家事もまともに出来るような心理状態ではないです。更年期の症状は、身体的だけではなく心理的にもかなり負担のかかるものでした。

更年期とは閉経を挟んだ前後10年間のこと

更年期になる年齢は、日本人女性は50歳前後といわれており、一般的には45歳~55歳が更年期の期間となっています。ただし、個人差があり、症状の重さも人によってかなり違いがあり、婦人科に行く方もいます。

これではいけないと思い、でもクリニックに行くのはちょっと抵抗があったので、ネットで更年期障害の対処法などを調べていたら、ウーマンコムのマカをしっかり摂取すること、基礎体温を記録するなどの対策が掲載されているのを見つけました。

実際に基礎体温をつけてみると、自分では気づくことができない体の変化を知ることができ、やめられなくなってしまいました。体がだるかったり腰が重かったり、基礎体温をつけていないときは何となくでしたが、つけると確実な周期が分かり、いろいろな予定の前準備ができるようになり、心に余裕ができました。余裕ができてチャレンジや外出が楽しくなりました。


今までと同じぐらいの量しか食べていないのにもかかわらず、急激に太りやすくなってしまい、体重の増加がすごかったです。
そして肌荒れ。しっかりと睡眠をとっても、頬のあたりに白ニキビがたくさんでき、それがなかなか治らないのです。そして暖かくしていても足先が冷えてしまい、これが原因で体調が悪くなってしまいました。

体調が悪くなることに加え、日常生活においてのすべてのことが煩わしくなってしまいました。必ずしなければいけない家事もたくさんありましたし、代わりにやる人もいないのです。主人も仕事だったので、自分で休みながらやるしかありません。

まるで思春期の頃のように何もしていないのにイライラし、心も体も痛めつけられてしまったことで自己否定感も強くなってしまい、外出したり仲の良い友人とランチをしたりする機会も減って、引きこもってしまうことが増えてしまいました。

グラフを印刷して病院に持っていけばとても便利で、病院に持っていくと先生もとても助かるようです。記録の推移が見やすくて助かると、お言葉をいただいています。今後も前向きに基礎体温をつけて、諦めずに頑張る力が湧きました!

前まではどうしてこんな気分が落ち込んだり体調が悪くなるんだ…情けない…と自分を責めたりもしましたが、基礎体温をつけるようになって悪い時期だと分かっていることで、「仕方ない」と受け入れられるようになって自分を情けないと思わないようにもなりました。


とにかく寝不足も相まって、体の体調は最悪でした。何をするにしても疲労感が強いので何もしたくないという気持ちで料理をするのが苦痛で、作ることができないのです。
そんななかでも家族には食事を作らなければいけなかったけど本当に辛く、毎日毎日、自分の気持ちを奮い立たせて料理をするのに、本当に苦労しました。

眠れないことによるイライラ、眠れないことに不安を感じるという毎日。とくに季節の変わり目や生理前には症状が悪化し、なぜ自分は普通に暮らすことができないのかと嘆いてしまいます。自分の中に悩みを持ち続けるしかありませんでした。

眠れない時はその時間を楽しむなどして、自分の生き方がポジティブにするように心掛けてます。友人に会ったり家事をしたりするヤル気自体が蘇ってくるのがわかります。
基礎体温を知ることがこれほど更年期障害のトラブルに効果があるとは思ってもいなかったので本当に始めて良かったと思っています。


もう何年間も薬要らずな生活を送っており、母親も更年期障害に悩んでいる様子はなかったので、「自分は更年期障害とは無縁かな」と思い込んでいたのです。ところが次第にダルさが抜けなくなり、眠りが浅くなってしまい、寝起きが辛くてたまらない状態に。
寝不足、食欲不振、疲労と徐々に症状が重なり、クマや肌荒れが著しく、見た目も損なうほどになってしまいました。

主人や子供たちは、私が更年期であることで体の不調や心の不調があることは理解はしていましたが、やっぱり私の苦しみは、しっかりとは伝わっておらず、単なる私のわがままや怠け心から更年期の症状を重くしているだけだと思われていたようです。

更年期の典型的な症状

  • ほてり・のぼせ・胸の痛み・頻脈・多汗・めまい・耳鳴り・倦怠感・ふらつき・頭痛・冷え・むくみ・抜け毛・吐き気・睡眠障害・頻尿・うつ・意欲低下・肩こり・イライラ・食欲不振 等

自分ではコントロールできない気持ちの落ち込みやイライラでしたので、夫や子供たちに当たり散らしてしまったあとは、やはり相当な自己嫌悪に陥ってしまうこともしばしばでした。
イライラしないようにしても自分の気持ちを止めることが難しく、家族に八つ当たりしては、その後さらに気持ちが滅入ってしまうという悪循環で心身ともにボロボロになってしまいました。

更年期の症状が出るからと言っていつまでもくよくよしてイライラしてばかりではだめだと分かっていたので、気分を上げるためにもウーマンコムのコエンザイムQ10を摂りはじめました。美容に効果的だし疲労回復にもなる良いことづくめ。
今はQ10を飲みながら、ウォーキングをして健康的な体を維持して元気に過ごすように心掛けています。